白翼のポラリスII

[著者:阿部藍樹/イラスト:やすも/講談社ラノベ文庫]★★

白翼のポラリス2 (講談社ラノベ文庫)

白翼のポラリス2 (講談社ラノベ文庫)

 これまで謎に包まれていた北方大国ボレアスにつ
いて色々と。船国にとっては侵略者っぽいイメージ
がありましたが、実際にはボレアスは一枚岩ではな
くて、何となく成り行きで大国のお家騒動に巻き込
まれてしまったシエル達、みたいな印象でした。
 あとはシエルの父親との再会。これは、シエルに
とってどこまで飛んでも手の届かない果てしなく遠
い存在のように思っていたせいか、割とあっさり再
会出来たのがちょっと意外な感じで。ただ、あまり
親子の触れ合いと言う雰囲気はなく、あくまでボレ
アス軍人とスワローの関係での接し方でしたが。
 次はボレアスが舞台となりそうで、色々新事実が
見えそうな予感もあるので、続いて欲しいですね。

既刊感想: