君は世界災厄の魔女、あるいはひとりぼっちの救世主

[著者:大澤めぐみ/イラスト:切符/角川スニーカー文庫]★★

 大分先まで、アニーとアーロンが“全人類を敵に
回す”の意味と、そうなるに至った原因とか切っ掛
けとか動機とか、そう言うのがなかなか見えて来な
かったので、これはどうなんだろうなあって首傾げ
つつ追っていました。もっとも、それが明るみに出
た時点で、直ぐに「成る程ねえ」と納得させられる
だけの強烈な事実を叩き付けられましたけどね。
 アニーの重大な“気付き”も、それがアーロンと
たった二人だけでは無力に等しく、ユージーンの真
っ向対立な主張も充分に理解出来るだけに、袂を分
かつ時は何とも言えない苦味が残りました。今更で
すけど、もしもアニーとユージーンが手を取り合え
ていたら……と考えずにはいられませんでした。