サラリーマン流 高貴な幼女の護りかた1

[著者:逆波/イラスト:Bou/オーバーラップ文庫]★★

サラリーマン流 高貴な幼女の護りかた 1 (オーバーラップ文庫)

サラリーマン流 高貴な幼女の護りかた 1 (オーバーラップ文庫)

 サラリーマン辞めました、ついでに人間やめまし
た、みたいは雰囲気はありました。実際には平蔵は
人間やめてませんけど、彼の中に宿った“固有”の
正体が終盤で発覚したのを実際に目の当たりにして
みると……なかなかに壮絶な人外ぶりでしたよ。
 平蔵が拾われた組織『近衛』について。こちら側
から仕掛けるような明確な敵対者と言うのは想定さ
れておらず、日本の敵として脅威となり得る存在が
現れた時に、“護衛”としてその本領が発揮される
ような、そんな印象でした。今回の衝突から当面は
『共和国』なる存在が敵対者となるのでしょうか。
 平蔵自身の能力についても、近衛についても、ま
だ語られていない部分は色々ありそうな感じです。