私が大好きな小説家を殺すまで

[著者:斜線堂有紀/イラスト:くっか/メディアワークス文庫]★★★

私が大好きな小説家を殺すまで (メディアワークス文庫)

私が大好きな小説家を殺すまで (メディアワークス文庫)

 ラストシーン、のその先。きっとそう言う事なん
だろうなあと解釈しつつも、ここまで「頼むからこ
ちら側に解釈を委ねないでくれ」とか全力で逃げ出
したくなった結末も、そうそうお目に掛かれないも
のだと思いました。これが「そうじゃないて実は梓
は今も……」だったら別の意味であれですが、そん
な風にどの様にも取れてしまう辺りが何ともね。
 梓の遥川への執着を、正直甘く見てました。そう
思ったのは本当に終盤の辺りで、梓の矛先が別の所
へ向いた時に、そのおぞましい執着心を知って「う
へぇ」と情けない声を上げてしまったわけです。
 それにしても最後は本当に、呪いじゃないかって
程、暫くは頭にこびり付いて離れそうにないです。