アオハル・ポイント

[著者:佐野徹夜/イラスト:loundraw/メディアワークス文庫]★★

 人間個人が持つ“価値”のポイント。数値や加点
減点の詳細まで見える事が、異能力として人生が有
利に働く……かと言えば決してそんな事は無く、主
人公の青木は持て余し翻弄されっ放しな印象で。
 青木の視点でポイントが目立っていたのは前半部
分までで、あとは数値そのものよりも、増減や喪失
や文字化けなどの変化に翻弄され続ける姿ばかりが
描かれていました。異能力を得た→俺ってすげぇ、
とかにはならず、容易く言葉には出来ない複雑に絡
み合って歪んでぐちゃぐちゃになった感情がドロド
ロ流れ出て来るような、そんな感じもありました。
 スッキリ出来たのかどうか。ちょっと分からない
感覚。でも少しは浮き上がれて良かったのかな。