ミリオン・クラウン3

[著者:竜ノ湖太郎/イラスト:焦茶/角川スニーカー文庫]★★

ミリオン・クラウン3 (角川スニーカー文庫)

ミリオン・クラウン3 (角川スニーカー文庫)

 九州遠征で、おそらく極東連合や一真が予定して
いた行動や希望していた展開のそれとは、ことごと
く逆の道を選ばされてしまう。勿論悪い方向へ。
 九州地区の住民を救助し、九州総連と共闘戦線を
張って王冠種ジャバウォックと対峙する……と思っ
ていたのですが。実際には遠征途中でジャバウォッ
クに先手打たれるわ、九州総連は抱えた事情を隠し
て非協力的だわ、更に別の途方もない脅威も発覚す
るわ。いいとこなしの劣勢塗れで散々でしたよ。
 しかもこの状況を挽回出来たわけでなく、『大山
祇命』は到底人間の手でどうにかなりそうもなく、
で、最後に一真がこんなで正直「あ、これ詰んだ」
でした。いや、本当にどう巻き返すんでしょうか。

既刊感想: