何故か学校一の美少女が休み時間の度に、ぼっちの俺に話しかけてくるんだが?

[著者:出井愛/イラスト:西沢5ミリ/MF文庫J]★★

 「お前らめんどくせえええええええええええ!」
って、心の底から叫びたい。地の文一切無しで進行
するって一体どんなもんだろうか? と読む前から
興味津々だったわけですが、触れてみて割と好感触
で「なるほどこういう言う事か~」となりました。 
 地の文の代わりに、それぞれの“心の声”で合間
を繋いでるんですね。実際にこの安藤や朝倉さんの
心情の吐露が物凄く効果的に働いていて、余りに心
の声が聞こえ過ぎるが故に感情的に「面倒臭い」を
声に出してぶちまけたくなった、と言う事ですね。
 結果的にうまく行きそうな雰囲気も出てましたが、
まだ変な風にすれ違ってる所もあるのでどうでしょ
う。その方が見ていて面白いのは確かですけどね。