彼女のL ~嘘つきたちの攻防戦~

[著者:三田千恵/イラスト:しぐれうい/ファミ通文庫]★★★

彼女のL ~嘘つきたちの攻防戦~ (ファミ通文庫)

彼女のL ~嘘つきたちの攻防戦~ (ファミ通文庫)

 他人の“嘘”は見抜けるけれど、真偽を暴く事は
出来ない。要はそれが“どんな性質の嘘”なのか、
までは正樹には見抜けない。この辺りが実に絶妙に
物語の面白さに繋がっていて、色々な人達の幾つも
の性質の嘘に翻弄されっ放しでしたが、それに身を
委ねていて妙に心地良く感じられたりもしました。
 嘘が見える正樹、本当の事しか言えない小百合、
嘘ばかりついている成美。思えば嘘に翻弄されてば
かりの三人の関係も、脆い所を突けば容易く壊れそ
うでいて、最後まで均衡は保たれていたなあと。
 真相については「そんな所かな」って程度の印象
でしたが、そこに向かうまでの過程で、嘘を交えて
の三人の関係性の描写はとても素敵なものでした。