SIDE ONE ~ラノベの感想を日々書き連ねる~

ラノベの感想を日々書き連ねるブログ

魔法使い黎明期 劣等生と杖の魔女

[著者:虎走かける/イラスト:いわさきたかし講談社ラノベ文庫]★★

 『ゼロから始める魔法の書』の続編。そちらを知
らなくても充分に楽しめるような内容で、知ってい
れば更に楽しめるのかな? と言う感じでした。
 誰がどう前作との繋がりで絡んでいるのかは分か
らないので、あまりその辺りは気にせずに。稀代の
魔女ロー・クリスタスが魔法使い見習い達の導き手
として活躍する物語として、そしてセービル、ホル
ト、クドーの三人が黎明の魔女に導かれて成長して
行く物語として、面白さは見出せたかと思います。
 反魔女側の影響力のせいか、終盤まで随分不穏な
空気を感じ続けていましたが、ネタバラシされた時
は「ええっ?」って感じでしたよね。一件落着で綺
麗に纏まって、さてこの先どう続くのでしょうか。