SIDE ONE

ラノベの感想を日々書き連ねるブログ

錆喰いビスコ3 都市生命体「東京」

[著者:瘤久保慎司/イラスト:赤岸K/電撃文庫]★★★

錆喰いビスコ3 都市生命体「東京」 (電撃文庫)

錆喰いビスコ3 都市生命体「東京」 (電撃文庫)

 序盤の賑やかなビスコの里帰り最中に、いきなり
前触れもなくクライマックス感満載で。この勢いと
ノリが最後の最後までペースを落とす事なく続いた
もんだから、まさに全てを出し尽くして燃え尽きた
って感じでした。途中幾度も窮地に立たされまくり
で、加えて『錆』の汚染と日本国と過去と現在の新
事実が一挙に押し寄せて来たので、ビスコ達を追っ
ていてめちゃくちゃ疲れました。息切れしそうでし
たけど。心地良い疲労感ってやつでしょうかね。
 ラストの部分は新章の予告っぽく。当たり前だけ
ど現時点では誰なのか、何を言っているのかは分か
らない。ただ、ビスコの存在が絡んでいて、後々巻
き込まれてしまう事だけは確定事項のようです。

既刊感想: