86―エイティシックス―Ep.3 ―ラン・スルー・ザ・バトルフロント―<下>

[著者:安里アサト/イラスト:しらび/電撃文庫]★★

 自分達を死地に送り出す側に、「我々の為に死ん
でくれ」と言われるのと「君達自身の為に生きて帰
って来てくれ」と言われるの。同じ生存率ゼロに限
りなく近い作戦だったとして、前者の共和国と後者
の連邦とで、これだけ大きな差があったわけです。
 発言を受け入れる側のシン達にとっては、どの道
死にに行く覚悟は変わらない為、共和国との扱いの
天地の差にも、響き方は鈍かったみたいですけど。
 それでも、前巻も同じような手応えだったと思う
のですが、“いつ死んでもおかしくない”が“生き
延びられる気がする”に変化してくれただけで、大
分冷静に見ていられたんですね。窮地に立たされて
も、何となく大丈夫って雰囲気が感じられました。

既刊感想: