SIDE ONE

ラノベの感想を日々書き連ねるブログ

昔勇者で今は骨

[著者:佐伯庸介/イラスト:白狼/電撃文庫]★★

昔勇者で今は骨 (電撃文庫)

昔勇者で今は骨 (電撃文庫)

 『いるんだからしょうがない』。アルの存在価値
を揺さぶった幼女プーチの何気ない一言。その場限
りとあっさり受け流してしまいましたが、後にアル
から発せられたその言葉が「そのタイミングで差し
込んで来るか」と。物凄く心が揺さぶられました。
 元・勇者とは言え、スケルトンと化した現在、人
目に付くような事をやって無事に済むのか? と初
っ端から結構心配してましたけど。割と図太いと言
うか楽観的と言うか、そんな調子でも勇者の肩書で
どうにかなりそうな所が妙な安心感を与えてくれた
のか。それにこの世界の人達って、人外に対して抵
抗感少なくないですか? それとも、受け入れられ
易いのはアルの立ち回りの巧さなのでしょうかね。