魔法使い黎明期2 魔力屋さんと恋の予感

[著者:虎走かける/イラスト:いわさきたかし講談社ラノベ文庫]★★

 他人が打っても全く響かない様子のセービル。記
憶消失で人生経験値をごっそり奪い取られてしまっ
たのが、あんまり良くない影響として出てしまって
いる感じです。日常的な一般常識から、自分の魔法
力や魔法使いに対する向き合い方まで。ゼービルは
その反応が当たり前の様に思っていても、ロスやホ
ルトやクドーなど近しい人達からは、やっぱりどこ
か“ズレている”ように見える。特殊な状況下なの
で仕方なしとは言え、何とももどかしい所です。
 ただ、周囲の影響からか、自分の失敗からか、セ
ービルは徐々に今の自分の変えようとしている。思
うように行かなくとも、脇を支える人達が頼もし過
ぎるので、その点で安心して見ていられそうです。

既刊感想: