君がいた美しい世界と、君のいない美しい世界のこと

[著者:神田夏生/イラスト:Aちき/電撃文庫]★★★

君がいた美しい世界と、君のいない美しい世界のこと (電撃文庫)

君がいた美しい世界と、君のいない美しい世界のこと (電撃文庫)

 最後まで辿り着いた時点でまず一言、「三日月緋
花里ってすげえな……」って、思わず声が漏れ出て
しまいました。最初からずっと主人公視点で苦難の
道程を追い続けていたから、ユウトに対しての思い
入れがかなり強まっていた筈なのに、それでもユウ
トに「よく頑張ったな」よりもヒカリに「よく彼を
導いてくれた」の方が先に出てしまいましたね。
 序盤の頃は、ヒカリの遺言の内容があまりに突拍
子無さ過ぎて、何で受け入れて行動に移せるのか、
と首傾げていたものでしたが。過去回想による“二
人の積み重ね”に触れて、「ああ、だから信じ抜く
事が出来たのか」と。ラスト直前の“もしも”、そ
して続くラストシーンは本当に素敵なものでした。