僕は何度も生まれ変わる2

[著者:十文字青/イラスト:だーくろ/角川スニーカー文庫]★★★

僕は何度も生まれ変わる2 (角川スニーカー文庫)

僕は何度も生まれ変わる2 (角川スニーカー文庫)

 物語を読んでいて、久しく味わった事の無いレベ
ルの絶望を味わわされました。最後の最後に。主人
公と常に隣り合う宿命の相手が突き付けたように、
“油断していた”と言う事になるんでしょうかね。
 死んでも死んでも幾度も転生出来る。でも、この
時代の魔王の後継者でもあるロワとしては、順調で
はないけれど躓きながらも前へ前へ、希望を失わず
に進めていた……ように見えていたんですけどね。
 一番最初を除いて、必ず享年18歳。何度やって
も享年18歳。この呪縛を甘く見てましたね。今度
もまた謎は謎のまま残り、これまでと立場が一変す
る。それでも彼女は彼を殺す存在で有り続けるのか、
そして彼はどこまで様々な謎の解明に迫れるのか。

既刊感想: