路地裏に怪物はもういない

[著者:今慈ムジナ/イラスト:やまかわ/ガガガ文庫]★★

路地裏に怪物はもういない (ガガガ文庫)

路地裏に怪物はもういない (ガガガ文庫)

 あとがきで「物語はよくわからんが」と言われた
意味が物凄く良く分かる内容でした。あと「なるべ
く我を抑えてね」と言われたのに対して、我を遠慮
なく存分に出しまくってるなあ、って印象でした。
 最初の頃は正直大分取っ付き難くて、自然発生的
『怪異』少年・幽の事も実態が良く分からなくて持
て余し気味、別種の『乖異』に関しても、なかなか
理解して飲み込む事が出来ずで。前半の吸血鬼騒動
の辺りはまだちょっと乗り切れない感じでした。
 『乖異』とはが何か? を事件を通じて明確に語
られる頃に、ようやく「そう言う事か」と盛り上が
りに繋がってくれたかなと。これは現世の至る所で
発生し得る問題で、受け身で対処する状況下で果た
してどれだけ解決に導く事が出来るのでしょうか。