編集長殺し5

[著者:川岸殴魚/イラスト:クロ/ガガガ文庫]★★

編集長殺し (5) (ガガガ文庫)

編集長殺し (5) (ガガガ文庫)

 公募作の第一次審査の下読み、新規イラストレー
ターの選別、作家の副業と時間の比重の置き方につ
いて、など。今回もまた、どれも現実にありそうだ
けどフィクションだと思っておいた方が無難な側面
もある、と言うバランス感覚が実に絶妙でした。
 しかしよもやの最終巻。確かにロリ編集長の素振
りがおかしいのはありましたけど。最後に栄転した
けどでも実は……で丸く収まるかと思ってたら、何
かホラーみたいな? 煮え切らないハッキリしない
オチだったし。あとがきで結構言葉濁した書き方し
てましたが、まだまだ用意してたネタはあったのに
……的な悔いが滲み出ていて切ない。せめて川田の
編集者としての成長が見られて良かったのかな。

既刊感想: