SIDE ONE

ラノベの感想を日々書き連ねるブログ

葡萄大陸物語 野良猫姫と言葉渡しの王

[著者:一ツ屋赤彦/イラスト:紅緒/角川スニーカー文庫]★★

葡萄大陸物語 野良猫姫と言葉渡しの王 (角川スニーカー文庫)

葡萄大陸物語 野良猫姫と言葉渡しの王 (角川スニーカー文庫)

 第24回スニーカー大賞『金賞』受賞作。

 言語の壁が想像以上の高さで立ちはだかる、国が
違い、種族が違えば、当然ながら話す言葉も違って
来る。その当然のようでいて案外見落としがちな事
を気付かされる。通じない者同士の橋渡し役、多言
語を扱う翻訳家のような役回り、意思疎通により異
種族間の理解を深め、共闘を結び付けるに至ったメ
ルの功績は非常に大きなものだったと思います。
 一方で、バツ国との戦闘状態に突入してからは、
ギンの知略、シャルネのカリスマ、キリンの武力な
どが突出していて、メルが新王としての資質を充分
に示せたかと言うと、微妙な所だったかも。多言語
理解能力も戦火の真っ只中では使い所が難しそうだ
し、この辺りは本領発揮とは行かなかったかなあ。