幼なじみが絶対に負けないラブコメ

[著者:二丸修一/イラスト:しぐれうい/電撃文庫]★★

幼なじみが絶対に負けないラブコメ (電撃文庫)

幼なじみが絶対に負けないラブコメ (電撃文庫)

 どうしてこうなった。末晴の最後の選択肢、告白
の現場を目の当たりにして「え、何で?」って気持
ちで、なんかこう悶々と発散し切れない感情を持て
余し気味でした。末晴が大舞台に立つ少し前で、他
の何にも負ける事の無い“幼少期の記憶と思い出”
と言うやつを見せ付けられたので、絶対に発する答
えは一つしかない……と思ってたんですけどねえ。
 どちらに肩入れしたくなったか、と言えば“初恋
の娘”の方で。正直“幼なじみ”の方は、惹き付け
られる程の末晴との関係性を見出せなくて。初恋の
娘に匹敵するような強固なエピソードでもあれば、
また印象は違っていたのかも知れませんが。絶対負
けなくても、ある意味救われない結末だったかも。