●SIDE ONE●

ラノベの感想を日々書き連ねるブログ

灰と幻想のグリムガル level.14++ もし君とまた会えたなら

[著者:十文字青/イラスト:白井鋭利/オーバーラップ文庫]★★★

灰と幻想のグリムガル level.14++ もし君とまた会えたなら (オーバーラップ文庫)

灰と幻想のグリムガル level.14++ もし君とまた会えたなら (オーバーラップ文庫)

 思わず「うぜえ」と言いたくなってしまうランタ
のクソうぜえ絡みが懐かしくて、パーティ加入初期
の頃にまだ馴染めなかったメリイの不器用な性格が
とても愛おしくて、もう見る事の無いモグゾー押し
が弱くて優しい姿が切な過ぎて。分かっていても、
過去の日常が絡んだエピソードは色々と込み上げて
来るものが大きくて感情移入し過ぎてしまいます。
 様々な経験を通じて得られたものは掛け替えのな
いものばかりだけれど、同時に切り捨て失って来た
ものも決して少なくはない。ユメが離脱してから相
当の時間が流れ、ハルヒロ達もあんな状況で先が見
通せませんが、オルタナでの無事な再会を強く願わ
ずにはいられない、そんなラストシーンでした。

既刊感想:『灰と幻想のグリムガル』感想一覧