剣と魔法とセーラー服 ~ときどき女神にアイアンクロー~

[著者:三条ツバメ/イラスト:ごれ/HJ文庫]★★

 日常系って、いいよね。わかる。だがしかし、日
常系をこよなく愛する聖悟の存在自体が悲しいかな
日常系から遠く離れている。だからこそ直接関わり
を持ちたくない、あくまで傍観者に徹していたい、
と自分自身を充分理解した上て思っているのかも知
れませんが。まあそれはそれで、エマとの不自然極
まりない距離の取り方なんかを見ていると「めんど
くさいぞこいつは」となってしまうんですけどね。
 でも、聖悟が目指しているいつも傍らに日常系な
雰囲気を感じていたい状況、実は既に似たような雰
囲気が形成されつつあるような……当人達が全然気
付けていないだけで。これは案外聖悟の地道な“シ
リアス撲滅”運動が功を奏している……のかも?