むしめづる姫宮さん

[著者:手代木正太郎/イラスト:Nagu/ガガガ文庫]★★

むしめづる姫宮さん (ガガガ文庫 て 2-11)

むしめづる姫宮さん (ガガガ文庫 て 2-11)

 ある特定の『虫の魂』を体内に呼び込んでしまう
条件。自分と似たような特性を持っているか、自分
が最も欲している能力を持っているか。そのいずれ
かによって引き寄せてしまう。あとはより若い方が
取り込まれ易いだとか。羽汰の場合、以前は憑かれ
た虫の魂と似た特性を持っていたけれど、卑屈にな
り過ぎたせいで手放してしまったので無意識の内に
再び欲してしまった、って感じだったでしょうか。
 羽汰の事を雪絵が「小さいんだか大きいんだか分
からん」と言っていたのも、汐音が「無関心なよう
で周りをよく見ている」と言っていたのも、多分本
来の彼の本質なのかなと。まだ体内に宿したままな
ので、今後どう扱って行くのか気になる所です。