●SIDE ONE●

ラノベの感想を日々書き連ねるブログ

日常ではさえないただのおっさん、本当は地上最強の戦神4

[著者:相野仁/イラスト:桑島黎音/角川スニーカー文庫]★★

 『闇の手』なる組織、『紫眼導師』なる参謀役、
『魔界の民』の召喚と『元帥』なる存在……八神輝
と皇帝を前にして対処すべき問題となる言葉が色々
露わになりましたが、どれに対してもあまり進展は
見られませんでした。今回は割と淡々と進んでいる
印象で、これがいわゆる嵐の前の静けさ的な雰囲気
なのかどうか。まあ嵐(厄介事)が来てもバルやミ
ーナ達八神輝が根こそぎ始末するのは目に見えてい
るので、期待するのは敵対者に対してどんな戦い方
を見せ付けてくれるのか、と言った所でしょうか。
 あとはリリの魔術師としての潜在能力、冒険者三
人娘の躍進、ベアーテ皇女の外交能力などが今後ど
んな形で関りを見せてくれるのか楽しみな所です。

既刊感想: