SIDE ONE ~ラノベの感想を日々書き連ねる~

ラノベの感想を日々書き連ねるブログ

黒川さんに悪役は似合わない3

[著者:ハマカズシ/イラスト:おっweee/ガガガ文庫]★★★

 まさか実在するんじゃ……って思わず「トウセン・スルネン」をググってたら、直ぐ後に倫太郎が同じ事をやってて笑ってしまった。

 そんな割とどうでもいい所を拾いつつの最終巻。倫太郎がそれやったらおそらくそうなるだろうって展開。倫太郎は自身を過小評価し過ぎで、自分が及ばすであろう影響力を軽く見過ぎていますよね。

 黒川さんの助力になりたい気持ち先行で、倫太郎がその影響力に対して結構無自覚に行動を起こしていて、それで更に影響力を増しているのが凄い所なのかも知れない。

 最後は候補者の黒川さん、白鷺の二人と倫太郎が入り乱れての暴露合戦。彼らしい半ばやけくそで突飛な振る舞いが存分に描かれていてとても楽しかったです。

既刊感想: