SIDE ONE

ラノベの感想を日々書き連ねるブログ

戦うパン屋と機械じかけの看板娘9

[著者:SOW/イラスト:ザザ/HJ文庫]★★★

『驚天動地の九日間』
 トッカーブロートで繰り広げられるらしいですよ。隠していた身体の秘密を晒してしまったスヴェンと、彼女の正体に気付いている筈のルートの関係はどうなる? そして突如降って落ちて来たブリッツドナーと、息子のジェコブのぎくしゃくした親子関係の行方は? 

トッカーブロートの周囲は割と平穏
 これまで散々戦争状態の最中に巻き込まれて来た事を思うと、比較できない位に穏やか。「ルートにはこんな環境で平和にパンを焼いて欲しい!」と、願い続けて来た雰囲気に大分近付けているような気がしました。

驚天動地とはこの事か!
 いやぁ、ビックリでしたね。ルートは感情を表に出すのが苦手で素が見え辛いので、思い悩んでいるスヴェンの事ばかり気に掛けていましたが。誕生日企画だけでも「ルートにしてはよく頑張った」って感じだったのに、まさかここまで思い切った事するとは正直想像もしてませんでしたよ。

まだ半分も終わってないらしい
 『驚天動地の九日間』。これで終わってたら最高なのになあ……と思わず結末の余韻に浸ってしまった。でも、まだきな臭い“裏の物語”が残ってるんですよね。どうやったら丸く収まるのか、それに今のルートやスヴェンと離れていそうな状況とどう繋がって行くのか。ちょっと想像し難いですが、とにかく無事にルートがパンを焼き続けられるよう願っています。

既刊感想: