SIDE ONE

ラノベの感想を日々書き連ねるブログ

十三歳の誕生日、皇后になりました。2

[著者:石田リンネ/イラスト:Izumi/ビーズログ文庫]★★

“あんた”呼ばわり
 なかなか面と向かって「莉杏」と呼んでくれない皇帝陛下。でも莉杏本人が居ない所だと普通に名前呼んでいる。終盤の“かくれんぼ”で探してる時なんか必死で「莉杏!」って叫んでたし。むしろ莉杏だけに向ける“あんた”呼ばわりの方が、特別な存在と認識してる証なのかも?

聡明過ぎるが故に
 血生臭い政治の表舞台から離して平穏に暮らして貰いたい気持ちと、問題を出して試す度に想像以上の成果で応えてみせる才覚を更に引き出して見てみたい気持ちのせめぎ合い。暁月の莉杏に対する扱い方ですが、どちらにしても莉杏の方がこうと決めたら断固として譲らないかも知れませんね。

皇帝の長き不在
 大分慌ただしく危険な橋を渡ったようでしたが、これで改革へ踏み出す準備は整ったと見ていいのかな。堯佑はあまり有能そうには見えないのですが、これまで城内の波乱が主だったので、外の敵対者達との本気の衝突となると、果たしてどんな風に描かれて行くのか。

既刊感想: