SIDE ONE ~ラノベの感想を日々書き連ねる~

ラノベの感想を日々書き連ねるブログ

きゃくほんかのセリフ!2

[著者:ますもとたくや/イラスト:裕/ガガガ文庫]★★

テレビドラマの脚本
 アニメ脚本家が原作付き深夜帯テレビドラマの脚本制作に挑む(半強制的に挑まされる)。雲太はメイン脚本家を支えるサブの立場ですが、アニメとは勝手の違う状況にどう対処して行くか、と言うお話。

視聴率至上主義な世界
 今の時代、テレビドラマ制作に携わる人間でさえ、その必要性に首を傾げ疑問を抱きつつ、それでも〝評価指標が視聴率”の現実が変わらない限り、数字を上げる事を意識しなければならない。この辺りは実際にありそうな、特に現実味溢れ過ぎていましたよね。

評価指標を上げる為に
 出来る事は何でもやって、利用出来るものは最大限に利用する。やっていたのはこんな事で、良し悪しはともかく、これもまた現実で凄くあり得そうで(実際の所は勿論分かりませんが)どう反応していいのやら……って気持ちで眺めてました。

危険な橋を渡る覚悟
 理不尽な脚本の急な手直しとか、企画連動のCM生撮影とか、撮影目前での脚本変更によるワンカット撮影とか。現実的に実行は難しい所。でも、ここまで追い求めていかなければ、衰退に歯止めをかける事は出来ないのかも知れませんね。

既刊感想: