SIDE ONE ~ラノベの感想を日々書き連ねる~

ラノベの感想を日々書き連ねるブログ

双血の墓碑銘

[著者:昏式龍也/イラスト:さらちよみ/ガガガ文庫]★★

幕末と外来吸血種
 黒船に乗って吸血種襲来。幕府と敵対するのとはちょっと違っていて、利用したりされたり、みたいな関係で。ただ、能力的には吸血種上位で幕府を利用している、いい様に操っているような印象でした。

元新撰組隊士・柾隼人
 主人公の彼だけは、創作の新撰組隊士のよう。幕末の有名所で登場していたのは沖田総司、ジョン万次郎、あと終盤でもう一人の大物。名前のみで新撰組の人物達なども色々登場していました。

復讐に生きる
 険し過ぎる道程。同行者で血を与えて貰った少女・柩が何者なのか分からない。新撰組参謀・伊東甲子太郎が何故裏切ったのかも不明。謎を抱えながら、隼人は吸血種達を迎え撃たなければならない。