SIDE ONE ~ラノベの感想を日々書き連ねる~

ラノベの感想を日々書き連ねるブログ

転生王女と天才令嬢の魔法革命

[著者:鴉ぴえろ/イラスト:きさらぎゆり/富士見ファンタジア文庫]★★

お約束の異世界転生とは一味違う
 今の肉体に前世の記憶だけが甦る=『記憶が転生して来た』と言う事らしい。厳密に言うと転生ではないんじゃないかなあ? と思う所もある“ひと捻り”。だけど興味を惹かれるアイディア。

魔法至上主義社会と前世記憶内科学の融合
 魔法科学、略して『魔学』。前世の日本(多分)の科学技術知識と、今の魔法知識を合わせ持つアニスフィアが提唱する独自技術。ユフィに解説していた魔法と精霊の独自理論もなかなかに面白い。

王位継承絡みのお家騒動と思いきや
 身構えていた割に、無能そうな弟君が意外と絡んで来なかった。ただ、火種はまだ燻っているので、アニスが面倒臭げに避けようとしても、向こうが勝手に敵視して絡んで来そうな予感もある。

最大の見せ場
 終盤のアニスとユフィの共同作業。しかしここまで女の子同士の触れ合いが深く描かれるとは……最初の内はあんまり想定してなかったなあ。良い感じの距離でのいちゃいちゃを堪能出来て満足。