SIDE ONE ~ラノベの感想を日々書き連ねる~

ラノベの感想を日々書き連ねるブログ

探偵はもう、死んでいる。2

[著者:二語十/イラスト:うみぼうず/MF文庫J]★★

『探偵モノ』で『推理モノ』だと誰が言っていた?
 思えばそんな風には誰も言ってなかった。物語の雰囲気、先入観、思い込み、イメージ、で認識させる強引な力は凄い。要素が無いわけじゃないけど、人型兵器や大怪獣、地球外物質に異能力、とか見せられたら……ねえ。

過去と名探偵の『死』の真相
 どこまで未来を予測出来たら、こんな“仕掛け”を用意出来るんだろう。よもやここがミステリー要素だとか? 理屈は割と理解不能ながら、言ってしまえば『だってシエスタだから』で納得させられてしまう。

名探偵の助手と“これから”
 本当は、その後の反応まで見たかった。特に渚の反応は。こんなラストだったから。今度は君彦と渚が向き合わなければならない場面が多くなりそう? 現時点で『SPES』との関係はどうなってる? 気になるのはこの辺りかな。 

既刊感想: