SIDE ONE ~ラノベの感想を日々書き連ねる~

ラノベの感想を日々書き連ねるブログ

日常ではさえないただのおっさん、本当は地上最強の戦神5

[著者:相野仁/イラスト:桑島黎音/角川スニーカー文庫]★★

日常のさえないただのおっさん姿が見たいんだ
 八神輝として不穏な動きを追っている為、日常の仮の姿は結構ご無沙汰な気がする。もうね、八神輝のバルは戦う前から完全勝利が確定してるんで「あ、はい」程度にしか心躍らないんだよ。たまにはおっさんスタイルな刺激や新鮮味も欲しい。

帝国に忍び寄る
 とは言え、帝国へ向けられているらしい得体の知れない不穏な空気は放っておけない。これが片付かない内は、バルもゆっくり日常生活を楽しめなさそう。まあたとえ誰が相手でも、結局八神輝が本気出せば敵にはならないだろうけど。

『闇の手』
 未だに謎の組織。魔界と手を組んでるのか分からないけど、帝国に手を出す意図もハッキリしない。今回の『紫眼導師』と同様に、八神輝の事を甘く見てるでしょ? この人達に手出しちゃダメだよ。敵対心を向けた瞬間に終わるんだから。

既刊感想: