SIDE ONE ~ラノベの感想を日々書き連ねる~

ラノベの感想を日々書き連ねるブログ

恋と悪魔と黙示録 契約の獣と身代わりの花嫁

[著者:糸森環/イラスト:榊空也/一迅社文庫アイリス]★★

偶然の巻き込まれ体質ではなく必然の出来事だった
 レジナは最初“ただ運悪く巻き込まれただけ”にしか見えなくて。実際の所はアガル(神魔)を召喚した時点で『特別な存在』なのは明白でしたが、途中までは本当に関係ない所で「何で彼女は巻き込まれてんだろ?」ってなってましたよね。

契約を拒み続ける事が最も歯痒かった
 疑問点は、後々色々分かって来る頃には解消されて行きます。ただ、特に指導官サーロンについては、潔白を信じて周囲に呼びかけるもあまり理解が得られなかったり、なかなかレジナの思う通りに行かなくて、結構歯痒い場面もありました。

レジナと奇妙な同行者たち
 今回の件は一応収束を見ましたが、『聖陰書』を巡ってレジナが巻き込まれて行くんでしょうか? アガルとの関係性の進展も気になる所ですね。