SIDE ONE ~ラノベの感想を日々書き連ねる~

ラノベの感想を日々書き連ねるブログ

BLACK BLOOD BROTHERS(s)4 ―ブラック・ブラッド・ブラザーズ短編集―

[著者:あざの耕平/イラスト:草河遊也/富士見ファンタジア文庫]★★

 ……なんか、冒頭の登場人物紹介(?)欄からおかしな空気を醸し出してたんだけど、読んでみたら書き下ろし以外の部分がことごとくおかしかった(変って意味と可笑しいって意味の両方含む)。こりゃまさにミミコの独壇場。本編との雰囲気の落差があまりに激し過ぎで唖然とさせられたわ。クイーンMの前にジローとコタロウの存在感が霞んでしまってるのがすげえよホントに。

 “他人の不幸は密の味”とはよく言ったもので、一応事態が収束した時に「もっとフリーター編が続いてくれれば良かったのに」とか思わず言いたくなってしまったよ。まあ本編があんな緊迫ムードな状況だったのに、裏でいつまでも延々とこんなオモシロイ騒動起こしてる訳にもいかんだろ、ってのは分かってるんだけど。

 極限状態のミミコが色々と吹っ切って振り落として成り上がってゆく辺り、割と駆け足な描写だったので、そこをもうちょっとじっくり見せて欲しかったかも。吸血鬼達に対してどんだけ悪逆を振るってたのか、とか。

既刊感想:
     (s)