SIDE ONE ~ラノベの感想を日々書き連ねる~

ラノベの感想を日々書き連ねるブログ

Dクラッカーズ・ショートI 欠片―piece―

[著者:あざの耕平/イラスト:村崎久都/富士見ファンタジア文庫]★★

 本編だけでは描き切れない所を埋める形で、色々な欠片の味を楽しめる短編集その1。富士ミス版と殆ど一緒で、そこに少々追加ありな構成。再読って形なのであれこれ細部を思い返しながら、やっぱり基本感想は変わらんかったです。

 違うのは、富士ミス版の時は“完結前”で、今は“完結後”な状況。これによって特に印象に差が出たのは『序曲』のエピソード。以前は1巻目の裏話的エピソードとしてしか捉える事が出来なかったんだけど、今はバールの起した行為自体の意味がちゃんと分かってるから、奥深い所で「成る程〜」な感じだった。

 気に入ってるのは『台風』と『手紙1&2』、あとは『休日』辺りかなぁ。これは多分以前読んだ頃からずっと変わってないと思う。ちっちゃな頃の景と梓の関係も、千絵と水原の迷コンビぶりも凄く好き。本編ではあまり味わえない雰囲気だから惹かれてしまうのかもね。

 既刊感想:『Dクラッカーズ』感想一覧