SIDE ONE ~ラノベの感想を日々書き連ねる~

ラノベの感想を日々書き連ねるブログ

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん3 死の礎は生

[著者:入間人間/イラスト:左/電撃文庫]★

 刺殺死体の作り方とバレンタインチョコレートの作り方。完成までの過程が結構似てるよねー(棒読み)、とかいう捻くれまくった各章冒頭の仕掛け。それが解かれた時に、あーそうかーこれってまーちゃんの愛に満ち溢れた危険ブツだったんだー(棒読み)、と嫌でも気付かされる仕組み。チョコレートの中身には不純物が一杯混じってるけれど、込められた想いは一途で純粋。たとえ壊れていてもそれだけは間違いない。

 さて、「死んだ筈じゃなかったのか!?」なドSデレ妹様登場。みーくんがずるずるっと引きずり続けてる、香ばしく病んだ過去の一部。一見して最も危険人物な時点で、多分違うだろうなと容疑者候補からは外してたんだけど……結局どうなったん? スパッと切れたようだから(色んな意味で)、あそこでみーくんに対して突きつけられた二者択一で、彼が引き寄せた結末って事なのかどうか。まあ真相がどうであっても、まるで何事も無かったかのように続きそうだよなと。

既刊感想: