SIDE ONE ~ラノベの感想を日々書き連ねる~

ラノベの感想を日々書き連ねるブログ

量産型はダテじゃない!2

[著者:柳実冬貴/イラスト:銃爺/富士見ファンタジア文庫]★★

 新キャラ登場と伏線仕込みの回。ストーリーはあまり進んでるようには感じなかった、と言うよりまだどう進むのか明確にはなってない印象で。その辺りは、今回伏線を敷いていた断片的なナンブの過去の記憶と、敵対したクロッカスが“あいつ”と口にしていた存在が絡んで来るんじゃないかな?

 しかし作中ではオンボロ量産型のナンブの活躍ばかりが目立ち、最強と謳われるシュナイダーの株は下がる一方だなぁ。ナンブは能天気おバカだから深くは沈まない性質だけど、シュナイダーは表情には出ないものの更に色々抱え込みそうな予感。ヘキサも責任感じて余計シュナイダーに執着しそうで、そういう心が不安定になり易い状況はちと心配か。

既刊感想: