SIDE ONE ~ラノベの感想を日々書き連ねる~

ラノベの感想を日々書き連ねるブログ

火の国、風の国物語2 風焔相撃

[著者:師走トオル/イラスト:光崎瑠衣/富士見ファンタジア文庫]★★

 《赤の悪魔憑き》アレスと《風の戦乙女》ミーアの初めての邂逅、初めての直接激突。ここだけ切り取るとアレスの鬼神の如き勢いがミーアを僅かに凌駕してる印象なんだけど、帝国軍対解放軍の全体構図で眺めてみると痛み分けの決着。でも、表舞台からは見えない裏側を探ってみると、これはジェレイドの策謀の一人勝ちみたいなものかも知れない。

 今回のアレスを追っていて特に強く実感させられのは、ただ強力無比な戦闘能力を有してるだけでは、上手く立ち回れない状況にも直面してしまう……と言う事かな。場合によっては今回より更に回避困難な罠や謀略に嵌められ、四面楚歌に陥りそうな可能性も少なからずありそうでちょっと恐いよなぁ。

既刊感想: