SIDE ONE ~ラノベの感想を日々書き連ねる~

ラノベの感想を日々書き連ねるブログ

スレイヤーズ6 ヴェゼンディの闇

[著者:神坂一/イラスト:あらいずみるい/富士見ファンタジア文庫]★★

 かつてリナと闘って敗走したズーマ、セイグラムの逆襲。なんか敵側で人間と魔族とが組み合わさっていると、誰がどちらに属するのか見失ってしまう事がある。この二人の組み合わせの場合、人間の力が魔族を凌駕した結果、と捉えるべきか、それとも単に魔族が人間を甘く見て本気を出さなかった結果、と捉えるべきか。眺めた感じではどちらとも言えないけれど、いずれリナには“本気の魔族を凌駕する底力”ってやつを見せて欲しいね(いや、劣勢からぎりぎりで勝ちを拾うパターンが殆どだから)。

 そういやゼロスの素性はもっと引っ張るかと思ってたけど、案外あっさり明かされたな。彼が与えられた仕事の裏に、果たして何が潜んでいるやら。

既刊感想: