SIDE ONE ~ラノベの感想を日々書き連ねる~

ラノベの感想を日々書き連ねるブログ

デモンパラサイト5 黒き魔王は、覇を求む。

[著者:北沢慶/イラスト:植田亮/富士見ファンタジア文庫]★

 シリーズ最終巻。展開としては新章開幕エピソードだったんだけど、大して広がる事もなく一冊でこじんまりと片付いてしまったなぁ。新展開で葵の兄貴・蓮が登場して幾つかの新事実も発覚したのに、そういうの活かす場もなく半ば強引に纏めに入ってるような雰囲気があったので、所謂“諸般の事情”というやつなのだろうか? なんか色々勿体無い。

 印象に残ったと言えば、葵が隠していた異能力を抱える現状が友人達にバレた事と、紀子が葵への想いを告白に至るまであんなになったりこんなになったり……って事くらいか。捕らわれの桜子は活躍自体少なかったし、蓮の意図も何となくぼやけてしまった感じだったし。もっと続いて欲しかったなぁ。

既刊感想: