SIDE ONE ~ラノベの感想を日々書き連ねる~

ラノベの感想を日々書き連ねるブログ

陰陽ノ京 月風譚 黒方の鬼

[著者:渡瀬草一郎/メディアワークス文庫]★★

 本編で事件の中心として描かれていた実頼と藤乃の関係だけど、最後のその真相までは見抜けなかった。実頼の態度からも、藤乃の桔梗についての証言からも、“秘匿された父娘関係”っていうのが紛れもない事実として思い込まされていたからなぁ。

 てか、そういう表向きの様子からはなかなか窺い知る事の出来ない裏の真相を、当然の如く見抜いてしまう光榮って凄過ぎだろ? その一方で、兼良の陰謀の裏側を暴く力も人外染みたものがあって凄かったし。さすが天敵であっても似たもの同士というべきか。また二人の掛け合いを見てみたいよなぁ。

既刊感想: