SIDE ONE ~ラノベの感想を日々書き連ねる~

ラノベの感想を日々書き連ねるブログ

どうも、好きな人に惚れ薬を依頼された魔女です。1

[著者:六つ花えいこ/イラスト:vient/Mノベルスf]★★★

偶然の積み重ねが運命に変わる
 最初のロゼとハリージュって、実は直接的な面識が全くなかったんですよ……って読了後の自分に言ったら「嘘だろ?」って、絶対信じてもらえない自信があります! 

両方から悶えさせまくる
 ロゼ側の感情だけでなく、ハリージュ側からの感情もグイグイ迫って来る。物語を追っていると、気付いた時に両方の想いを自然に感じ取れるようになっている。その辺りの描き方がとても巧いですよね。

惚れ薬の威力
 ロゼもハリージュも、自分の為に欲してるんじゃないのに、二人共惚れ薬の効果を同じように喰らってる。最初からの『好き』を何倍も濃くしたような『好き』は、凄まじい破壊力で悶絶させられました。

今後の展開は?
 何か惚れ薬の影響なのか、吹っ切れたハリージュがグイグイ。ロゼが押されてタジタジ(でもそんな状況が溜まらなく大好き!)。一体どんな展開で、どこまで悶えさせてくれるでしょうか。