SIDE ONE ~ラノベの感想を日々書き連ねる~

ラノベの感想を日々書き連ねるブログ

<Infinite Dendrogram>-インフィニット・デンドログラム- 12.アイのカタチ

[著者:海道左近/イラスト:タイキ/HJ文庫]★★

実験・検証・革新・発展
 管理AIの行動って、この辺りが軸になっているのかなあ。あえて騒動を起こして結果を受けて次に進む……みたいな? やっぱり一枚岩ではないっぽいので、それぞれに異なる思惑はありそうですが。

ランキング戦とレイの助演
 ここら辺の戦いは今回の本筋とは少し横にあって。まあレイの方は抑止すべき相手でしたが、ランキング戦の方はお祭りの前座的な、場を温める的な役割だったのかな? それとも何か伏線仕込まれていた? 

愛し合う
 最初の文通で「噛み合ってねえなあ」って苦笑いしてたら、実はしっかり“通じ合っていた”というね。後半のフィガロの行動を見ていて、決闘を求めてる風には見えなかったのも成る程納得。末永くお幸せに。

皇国と対等に渡り合う為のお膳立て
 王国の増強が目的だったような幕引き。勿論管理AIの目論みで、このタイミングで皇国からの打診があったのも計算ずくか、あるいはそれさえも掌の上で操っているのか。このまま穏便に済むとは思えない。

既刊感想:1011