SIDE ONE ~ラノベの感想を日々書き連ねる~

ラノベの感想を日々書き連ねるブログ

幼なじみが絶対に負けないラブコメ3

[著者:二丸修一/イラスト:しぐれうい/電撃文庫]★★

幼なじみの定義
 最初は黒羽=幼なじみ、な印象だったけど。“幼い頃からの馴染みの関係”で括ると、黒羽も白草も真理愛もそこに当てはまりそうで。要は誰が勝っても“幼なじみが勝つ”と。いや、でもそれだと“負ける”のもまた幼なじみって事にもなるのかあ。

結局は末晴次第だが……
 黒羽が優勢だと思ってたら、初っ端からめっちゃ末晴とこじれてるし。ただ、序盤は夫婦喧嘩的ないちゃいちゃだろう? とか楽観視していたら、白草が末晴との自然な位置関係を見出して猛追し始めてさあ大変。面白くなって来た、とも言える。

白草のターン
 終盤からラストにかけては白草の独壇場。末晴自身が無意識の贔屓で惹かれちゃってたからね。期限付きながら同居生活を公認された事によって、次巻も白草の優勢は続きそう。しかし黒羽も真理愛も黙っちゃいないだろうし、果たしてどう動くかな。

既刊感想: