SIDE ONE ~ラノベの感想を日々書き連ねる~

ラノベの感想を日々書き連ねるブログ

痴漢されそうになっているS級美少女を助けたら隣の席の幼馴染だった

[著者:ケンノジ/イラスト:フライ/GA文庫]★★

『偶然』も幼馴染だから『必然』になる?
 最初の『疎遠だった幼馴染の女の子が痴漢されている現場に居合わせた』のが偶然だったとすれば、実は物凄い引き合わせの巡り合わせ。結構さらっと語られていたので、一見して何でもない風な印象で見過ごしてしまってたけれど。これは『幼馴染』って関係性の引力なんだろうか。偶然遭遇するのも“特別な事じゃない”みたいな。

複雑な幼馴染の距離感
 姫奈の方はガチで恋してる、気付いて欲しい届いて欲しい。諒の方は、幼馴染としての好意なのか異性への恋愛感情なのか、彼自身があまり分かっていない。鈍感とまでは行かないけれど、割と無頓着。ただ、僅かながらでも、徐々に意識するようにはなって来ているのかな。