SIDE ONE ~ラノベの感想を日々書き連ねる~

ラノベの感想を日々書き連ねるブログ

育ちざかりの教え子がやけにエモい

[著者:鈴木大輔/イラスト:DSマイル/ガガガ文庫]★★★

椿屋ひなたが掴めない
 恋愛事情に疎く関心が無いようで、無邪気に性に関する疑問をぶつけて来たり。他人の視線に全く関心を示さないが、自身の『早熟』が『武器になる』と無意識下で理解しているような。一言で印象を表すなら『妙に生々しい存在感』。

手島美優はとても聡い
 気弱で口を挟めない分だけ、状況をじっと見据ええる観察眼が優れていると言うか。何気にズバリとひなたの本質を見抜いている。『機嫌が悪かった』のは、つまりそう言う事でしょう? ひなたが全然悟らせないのでそうは見えないんだけれど。

小野寺達也は気付いているのかいないのか
 ひなたの感情を理解するのは相当難解。ただ、終盤のあの一言がおそらく本心。何にしても、達也には変に意識して揺らがないで欲しいなあ。万が一そうなってしまうと本当に居心地が良くなくなる。ひなたは無邪気にぐいぐい来そうだからとても心配。