SIDE ONE ~ラノベの感想を日々書き連ねる~

ラノベの感想を日々書き連ねるブログ

クラスで一番の彼女、実はボッチの俺の彼女です2

[著者:七星蛍/イラスト:万冬しま/角川スニーカー文庫]★★

バレ難い理由はあった
 前に「よくバレないなあ」と思ってた事ですが、どうも誠司が周囲の目を逸らす為の『噂』の火付け役になっていたらしく。その事情をハッキリ知ったのは今回のラスト付近でしたが、それなら確かにかなりバレ難くなる。更に他生徒からは琴音と誠司の関係が全く結び付けられないので、付き合っている事自体に辿り着けない、と言うわけですね。

誠司なりのかぐやへの返答
 今回は姫島かぐやメインのエピソード。誠司が手を差し伸べ『解放』へ導いて行く流れ。かぐやに関しては結構重苦しく悩んでましたね。結構息が詰まり気味で、途中辛い場面もありました。想いが報われたかと言えば……ですが、それでも誠司が向き合って本心をを告げてくれたので良かったのかな。

既刊感想: