SIDE ONE ~ラノベの感想を日々書き連ねる~

ラノベの感想を日々書き連ねるブログ

好きで鈍器は持ちません! ~鍛治と建築を極めた少女は、デカいハンマーで成り上がる~

[著者:山田どんき/イラスト:希望つばめ/富士見ファンタジア文庫]★★

劣等生が見返す展開は、約束された盛り上がりに繋がる
 めげないねえ。そして打たれ強い。だから『鈍器特化』適性があるわけではないだろうけど。でも、ハンナにはピッタリな気がする。『鈍器』一点特化なので、その扱いに関しては多分最強レベル。ただ、それ以外の多くに穴が開いている。反則級の能力に見えて、実は穴を突かれると対策を取られてしまいそうな辺り、決してパワーバランスが一方的に偏らない面白さがあるなと思いました。まあ現状ハンナの迂闊さが無ければ、強さは圧倒的ですけどね。

鈍器特化な不器用真っ直ぐの今後
 鈍器に関しては、既に極め切ってる気がするのだけど、まだ伸びしろあるかなあ? あと考えられる展開として、セシルの父親バゼルとの対立関係が激化して、そこがメインで描かれて行くとかかな。