SIDE ONE ~ラノベの感想を日々書き連ねる~

ラノベの感想を日々書き連ねるブログ

魔王が如く 絶対強者の極道魔王、正体を隠して学園を極める

[著者:なめこ印/イラスト:富岡二郎/富士見ファンタジア文庫]★★

二代目魔王は目立たず過ごしたい
 『魔王』+『極道の組長』+『任侠』+『学園ラブコメ』。人間と魔族が共存していて、魔法の存在が日常と共にあって……みたいな世界観。その中で、能ある鷹が爪を隠して日々を過ごして行きます。

 オーマの雰囲気は、基本『静寂』とか『無風』な印象。感情が読み難いけれど、無関心、無感動とはちょっと違う。オーマに対して好意的な人は、そこに気付けている。多くは黙して語らず。でも、人柄や雰囲気で『本当に理解してくれる人』には好かれている。この辺りの内面の魅力の描き方、良いですよね。