SIDE ONE ~ラノベの感想を日々書き連ねる~

ラノベの感想を日々書き連ねるブログ

豚のレバーは加熱しろ(2回目)

[著者:逆井卓馬/イラスト:遠坂あさぎ/電撃文庫]

ブヒブヒ言ってるコメディなノリじゃなかった
 豚の転移仲間、他にも居たんだ。と言うか、よくこの少数人数が巡り合えたな。そんで、よく示し合わせて意識的に狙って再転移出来たな。何気にこいつら凄くない? と、言うわけで。愛しのジェスと再会したい為、2回目の異世界豚生活スタート。

 で、ふたを開けてみたら、結構などシリアス展開じゃないですか。しかも、王族、奴隷達、侵略勢力が複雑に絡み合った抗争展開。豚、場違い感半端ないはずなのに、意外と重要な立場に食い込んでる。

 王族とイェスマの関係は、かなり難しい問題で、奥深く描かれている。解放者に肩入れしたいとこですけど、王族のイーヴェス王やシュラヴィスには良心も感じられるので、この辺複雑な心境ですよね。

既刊感想: