SIDE ONE ~ラノベの感想を日々書き連ねる~

ラノベの感想を日々書き連ねるブログ

幼なじみが絶対に負けないラブコメ6

[著者:二丸修一/イラスト:しぐれうい/電撃文庫]

末晴と真理愛
 満を持しての真理愛メイン回。黒羽と白草の後発キャラ故の『出遅れた感』を、一挙に巻き返す為に用意されたようなシナリオ。末晴の『妹』から『恋人候補』へ成り上がるべくの、かなりガッツリと真理愛単独イベントの雰囲気が濃い目な内容でした。

 今回の演劇勝負で、黒羽と白草は早い段階でレースを降りたわけですが。それぞれに末晴争奪を意識した、感情と打算とが入り混じった行為だった、と言う所は「さすが」と唸らされました。黒羽は『計算』、白草は『素』でやってたようですが、自然とやってのける白草の方により脅威を感じましたね。

既刊感想: